住まい夢ネット 住まい夢ネットで家の情報をGETしよう!! - 住まい夢ネット

  1. ホーム >
  2. 家ノ知恵

水害に「火災保険」!?

大雨が降ったあと、家に故障や不具合、雨漏り等があったなら
すぐに加入している「火災保険」に連絡をして見に来てもらって下さい!!

近年、各地で地震も増えていますが、大雨による【水害】も頻繁に起きています。
山の近くや土地が斜面になっている場所に建っている住宅は【土砂災害】
川や用水の近くに建っている場合は【浸水】の被害と、
大雨の影響から次への災害が起こってしまいます。

災害は止めることが出来ません。
この【水害】に遭ってしまった時、どのような補償が使えるでしょうか?

火災保険は入っているけど…

そう!その火災保険の補償対象になっているんです。
(※プランや保険の種類によって対象外になっている場合もあり)

火災保険の水害補償では、
台風、暴風雨、豪雨等による洪水・
融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水による災害が原因で、
建物や家財が所定の損害を受けた場合に補償が受けられます。

注意が必要なところ…
水害関係の補償は、通常
「床上浸水もしくは地盤面から45センチ超の浸水」
「損害割合30%以上の場合」など条件があります(損保会社によって異なります)
となっているようです。

事例として…
川の水が氾濫して、床上浸水し建物が損傷してしまった。
土砂崩れが起きて、建物が全損になった。
土砂崩れで家の中に土砂が流れ込んできた。
大雨の影響で雨漏りが始まった。

都市部で多いのが、マンホールの排水が追いつかずに浸水する被害です。
近くに川や用水路がなくても、【水害】は起こります!

ちなみに、建物が老朽化したことにより雨漏りした損害は補償対象になりません!

現在のゲリラ豪雨や大雨による土砂災害は、昔に比べて被害が大きくなってきているように感じます。
このような異常気象に備える為にも、保険・補償はとても大事になってきます。
今回の【水害】に関しては、火災保険の保険料を抑えるために、補償内容から外したりすることがあります。
あとで後悔しても手遅れです。マイホームを持つ方は備えられる時に準備をしておきましょう。

保険大雨水害