住まい夢ネット 住宅ローン減税の制度|住宅情報満載 - 住まい夢ネット

おすすめイベント情報

  1. ホーム >
  2. 補助金情報

住宅ローン減税の制度

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。
住宅ローンを借入れされている方は是非ご利用下さい!

■住宅ローン控除

毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が
10年間に渡り所得税の額から控除されます。
また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。

新築住宅だけでなく中古住宅も対象となります。
また、増築や一定規模以上の修繕・模様替え、省エネ・バリアフリー改修なども100万円以上の工事費の場合は、
住宅ローン減税の対象となります。
※省エネやバリアフリーの場合は、別のリフォーム減税の方が有利な場合がありますので、よくご確認ください。

本来は住宅を取得した翌年の確定申告時に申請をしないといけませんが、
もし!これまで申告していなかった場合でも、5年前まで遡って所得税の還付を受けることが可能です!

詳しくはこちらから→https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

平成26年4月からの消費税率の引上げにあわせて、下表のとおり大幅に拡充されています。
ローン減税拡充表
注意

■すまい給付金

平成26年4月1日より消費税率は8%に引き上げられ、今後、平成31年10月1日より10%に引上げられます。
すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。

住宅ローン減税は、支払っている所得税等から控除する仕組みであるため、収入が低いほどその効果が小さくなります。
すまい給付金制度は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、
住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。
このため、収入によって給付額が変わる仕組みとなっています。

詳しくはこちらから→http://sumai-kyufu.jp/

すまい給付金の実施期間

すまい給付金の実施期間

すまい給付金住宅ローン減税