住まい夢ネット 一戸建ての修繕費どうする?|住宅情報満載 - 住まい夢ネット

おすすめイベント情報

  1. ホーム >
  2. 家ノ知恵

一戸建ての修繕費どうする?

新しい夢広がるマイホームを建てる時に「修繕費」って考えますか?

これから払っていく住宅ローンや、新しい機器の支払いを考える事はあっても、10年後の外壁の塗装代…
とかは考えもしない方がほとんどではないでしょうか。

家も長く住み続けて年月が経つと、さまざまな箇所が消耗、劣化、故障といった不具合に見舞われます。
マンションなど集合住宅では共用部分にかかる修繕積立金や共益費というものがあります。
それを使って修繕などされていきますが、一戸建ての場合はどうでしょうか?
元々、一戸建てを選択される理由の一つに、毎月の出費がイヤと言う事が挙げられるようです。

では、一戸建て住宅のオーナーは、住宅の修繕などに対する費用をどこから捻出しているのでしょうか。

10年もたつと、外壁や屋根の塗装が必要になってきます。その時、おおよそ100万円単位で費用がかかります。
放おっておくと建物の劣化速度は早まり、住宅の大敵「雨水」の侵入が起こってしまいます!
マイホームの資産価値を守っていくためにも修繕は必要不可欠なのです。
適宜修繕していけば、一定の価値を保ちながら長く住宅を使うことができます。
将来的にも、維持管理されていない建物よりも高く売れるかもしれません。
売却しなくても価値ある建物であれば家を担保にお金を借りることもできる
「リバースモーゲージ」で、老後生活にゆとりをもたらすことも可能になるので不安要素も減りますよね。 
外壁塗り替え

では修繕費として、いくら用意しておけばいいのでしょうか?

マンションの長期修繕計画とは、およそ30年間の修繕工事のスケジュールと予算を合わせた計画がされているようです。
では、一戸建住宅の場合はどうでしょう。
おおよそ、30年間で400万円前後かかるといわれております。

『毎月約1万円』積立できれば、すべてをまかなえなくても、慌てなくてよくなるということになりそうです。

本来の理想は『毎月3万円』のようですが、住宅ローンもある!積立は出来ていない!という方は、
『毎月約1万円』から始めてみるのもいいかもしれませんね!

まだこれから家を建てるという方は、住宅ローン以外で最低1万円の積立を含めて支払い計画を考えてみて下さい。

すでに、『一戸建て向け積立サービス』を展開している企業もあるようですので、これから続々と増えてくるかもしれませんね!

リフォーム家の修繕家の維持管理