住まい夢ネット 住まい夢ネットで家の情報をGETしよう!! - 住まい夢ネット

おすすめイベント情報

  1. ホーム >
  2. 家ノ知恵

防災について楽しく学ぼう!話し合おう!

近年の異常気象で、災害が毎年どこかで発生しています。
しかし実際、本当に身近で起きて目にしないと、どこか他人事になってしまいます。
現在のコロナウイルス感染拡大中に災害が起こったとしたら…
想像出来ないほどの恐ろしさです。

自粛中の今!防災について、家族でじっくり話し合えるチャンスです。
こんな時はどうする?
ハザードマップを見ながら再確認しておきましょう!

そして今回は大人から子供まで楽しく、ハマれる?「防災ゲーム」についてご紹介!
「防災ゲーム」知っていますか?調べてみると沢山の種類がありました!
幼児がカラダを使えるものから、家族で難問を悩みながらできるものなどがあります。

防災について楽しく学んだら、締めは「非常食」の試食をしてみてはどうでしょうか?
乾パンから缶詰パン、吉野家の牛丼缶詰なんてのもありますよ!
非常用袋に飲み物と共に詰めておいて、本番さながらで訓練しちゃいましょう。

 

☆『なまずの学校』大人数で楽しい♪
地震などの災害で発生する様々なトラブルを紙芝居形式で出題(全18問)し、
トラブルを解決するのにもっともふさわしいと思う「カード」を複数枚から選ぶ。
カードには得点があって、最適な答えに近いほど得点が高くなり、その得点分の通貨が貰える。
NPO法人プラス・アーツが運営する防災グッズのショップページ
他にもゲームやグッズが沢山あります!
なまずの学校

☆『防災ダック』幼児にオススメ♪
安全・安心の「最初の第一歩(ファースト・ムーヴ)」を、子どもたちが、実際に身体を動かし、
声を出して遊びながら学んでもらうためのカードゲームです。
防災や日常の危険から身を守ることを学ぶものだけではなく、挨拶やマナーといった日常の習慣に
ついて学べるものも含まれています。
日本損害保険協会:幼児向け防災知育玩具「ぼうさいダック」の提供
防災ダック

☆『クロスロード』シビアな選択に頭を悩ませる!
「人数分用意できない緊急食料をそれでも配るか」あなたならどうする?
災害対応は、ジレンマを伴う重大な決断の連続です。行動を選択することによって、災害対応を
自らの問題として考えることができ、さらに自分とは異なる意見・価値観の存在への気づきも得られます。
京都大学生活協同組合:『クロスロード』
クロスロード

☆『この次何がおきるかな?』トランプのように楽しめる♪
津波や水害が発生したときに起こる危険な状況をカードゲームにしてあります。
国土交通省のサイトからダウンロードできます。
国土交通省:防災カードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」
このつぎなにがおこるかな?

地震水害災害計画を立てる