住まい夢ネット 住まい夢ネットで家の情報をGETしよう!! - 住まい夢ネット

  1. ホーム >
  2. 補助金情報

来年の住宅支援に明るい見通し♪

先月で『グリーン住宅ポイント』も終わったし、
しばらく新しい補助や支援策はないかな~?と思っていたら一報きました!
「ポイントに間に合わなかったし、タイミング外したな~」と諦めていた方に嬉しいお知らせ♪

『こどもみらい住宅支援事業』
※今後の国会で予算が成立することが前提となります

子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得、
住宅の省エネ改修等に対しての補助支援制度

少し分かりにくいですが…
新築住宅の取得に伴う支援=子育て世帯・若者夫婦世帯のみが対象。
リフォームの工事について=世帯は問われません。

■子育て世代→18歳未満の子を有する世帯
若者夫婦世帯→夫婦のいずれかが39歳以下の世帯

補助額

新築:最大100万円リフォーム:最大30万円

◎新築・新築分譲住宅

①ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready、XEH Oriented⇒100万円/戸
②高い省エネ性能等を有する住宅⇒80万円/戸
③省エネ基準に適合する住宅⇒60万円/戸

◎リフォーム

①住宅の省エネ改修⇒上限30万円/戸
※子育で世帯・若者夫婦世帯は上限45万円
※既存住宅購入を伴う場合は上限60万円
※安心R住宅の購入を伴う場合は上限45万円

対象期間

令和3年11月26日~令和4年10月31日まで

◎新築
上記期間内に工事請負契約を締結し、着工するもの。

◎新築分譲住宅
上記期間内に建築工事の着工、売買契約の締結するもの。

◎リフォーム
上記期間内に工事請負契約を締結し、工事が完成するもの。

対象住宅の性能・対象工事

◎新築

①ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready、XEH Oriented
⇒強化外皮基準に適合し、再生可能エネルギー等を除き、基準一次エネルギー消費量から
20%以上が削減される性能を有する住宅

②高い省エネ性能等を有する住宅
⇒認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅のいずれかの性能を有する住宅

③省エネ基準に適合する住宅
⇒断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅

◎新築分譲住宅

新築の①~③いずれかに該当する住宅
延べ面積が50㎡以上の住宅

◎リフォーム

下記①~③いずれかに該当するリフォーム工事を含む。

①開口部の断熱改修(窓、ドア等)
②外壁・屋根・天井又は床の断熱改修
③エコ住宅設備の設置(太陽光システム、高効率給湯器等)

④子育て対応改修(浴室乾燥機、自動調理対応コンロ等)
⑤耐震改修
⑥バリアフリー改修(手すりの設置、段差解消等)
⑦空気洗浄機能・換気機能付きエアコンの設置
⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

申請方法

この制度、申請者は施主ではなく、事業者・工事施工者になります。
住宅事業者(建築事業者・工事施工者)が、住宅取得者(新築住宅の建築主または購入者、
リフォーム工事の発注者)の委託を受けて補助事業者となり、補助金の申請と交付を受けて、
住宅取得者に還元するという流れになります。

なので、住宅取得者が依頼する住宅事業者は、
この制度に参加するために【補助事業者】としての登録を受ける必要があります。
登録後に着手する建築工事やリフォーム工事が補助の対象になります。
※補助事業者としての登録を受けていない事業者に依頼をすると、補助が受けられません!

まとめ

この補助事業、予算が【542億円】
実は決して余裕のある額ではありません!
もしかしたら早いもの勝ちで予算上限になる可能性もあります。

今月中旬からWEB動画が公開になり、来年1月には補助事業者登録が始まります!
すでに住宅取得やリフォームの予定がある方は、早めに事業者さんと相談をしましょう!

国土交通省:こどもみらい住宅支援事業

リノベーションリフォーム家の維持管理家を建てる家を買う補助金